通信ボールペン字ランキング!字が汚いを直して綺麗な字になろう!

小学生の子供の字が周りの友達と比べるとかなり汚い

 

長男が小学5年生になるのですが、周りの子と比べて字がかなり汚いんです…

 

私のように将来字がコンプレックスになり、悩んだりしないかすごく心配なのですが…


 

 

小さな子供の字が汚いのは、ごく普通なことなのですが、周りの友達と比べてかなり汚いと言うのはちょっと心配ですね。

 

学校の授業では漢字や国語はしっかり教えますが、字をきれいに書く方法というのはそれほど教えてくれませんし。

 

特に小学生の頃から字が汚い子供は、大人になっても字が汚いままのことが多いのでなにか対策を打たないとまずいですね。


 

小学校では国語の授業などで漢字の勉強などをしますが、あくまで漢字を覚えるための授業です。

 

学校の先生も数十人の生徒を抱えているので、全員に「もっとこう書きなさい」「ここをこうするといいよ」などといったしっかりした指導はなかなかできません。

 

先生から見れば、字のきれいな子供がいることも字の汚いがいることもすごく当たり前のことなのでそれほど気にしません。

 

テストで全員が100点を取ることができないことと同じような感覚ですね。

 

 

学校が頼れないのなら、子供の字を綺麗に書かせるにはどうしたらいいんでしょうか?


 

 

母親(または父親が)が毎日の宿題などをするときにチェックして、字の書き方を教えてあげるのが一番ですね。

 

習字やペン字の塾などに通わせることもいいのですが、すぐに飽きてしまったり、宿題とは別に学習時間が必要になってきます。

 

できれば宿題をするついでに、字をきれいに書けるようになれば子供の負担も少なくて済みます。


 

子供の字を直すために習字教室やペン字教室に通わせたりすることはいいことです。

 

ただ子供の人数が多かったりすると、それなりの月謝がかかってしまいます。

 

せっかく習い事をするのであれば子供の好きなことを習わせてあげたり、家ではなかなか教えることができないこと(例えば英会話、スポーツ)を習わせてあげることをおすすめします。

 

字をきれいにするだけなら、親がちょっと見てあげれば済むことですからね。

 

 

 

でも私も旦那も字がコンプレックスであまりきれいじゃないんです…


 

 

そういった親御さんはかなりたくさんいます。

 

そういった人は子供を習字教室などに通わせるのも一つの手です。

 

ただ、子供は親の字を見て育つものですから、子供の親として恥ずかしくない程度の字を書けるようになっておいたいいかもしれませんね。

 

これを機会に自分も子供に教えれるくらいのきれいな字を書けるように学習してみてはいかがでしょうか。


 

子供に教えたいけど、教えれるほど字がきれいじゃないと悩みを抱える親御さんはたくさんいます。

 

子供に教える為、ついでに自分自身のコンプレックスを解消するいいチャンスだと思って、ペン字学習を始めるのはとても良いことだと私は思います。

 

なるべく早く子供の汚い字を直した方が良い理由

 

子供の字の癖は小学生の時に直しておくことをおすすめします。

 

中学生以降だと部活などをするようになり、字の練習をする時間があまりとれません。

 

その上、子供は思春期、反抗期に突入しますので、親から教えられるのをすごく嫌がったりします。

 

ですので、なるべく中学校に入るまでには汚い字を人並み程度にしておくことが大切です。

 

大人になって字が汚いことでいい会社に入れるチャンスを逃した…なんてことにならない為に

 

学生時代であれば字が汚くて恥ずかしい…人に見られたくないといった程度で済みます。

 

ですが、大人にになると就活の履歴書や書類作成、社会人としての信用などの面で、字が汚いことで自分の立場が不利になってしまうことが多々あります。

 

子供がそういったことで不利にならない為にも、なるべく早めに人並みの字を書けるようにしてあげましょう。